クリニック 多汗症治療 Q&A

よくある疑問Q&A〜クリニックで多汗症治療をする前にチェック


とにかくワキ汗がひどく、シャツに黄ばみができるんです。治療を受けたら治りますか?

 


典型的なワキガ・多汗症の症状ですね。
もちろんこのような症状の方でも、クリニックでの治療によって改善できています。
ボトックス法、切開法のいずれで治療するかはカウンセリングのあとに決定いたします。ご安心ください。


ボトックス注入を検討していますが、効果はずっと続くんでしょうか?

 


これには個人差があります。
一般的に一回の施術で約1年間、汗の量を抑えることができます。
治療自体も速いですし、通院の必要もありませんが、汗や臭いの原因となるアポクリン腺やエクリン腺は残ったままです。
またこれまで治療を受けた方のなかには、ボトックス注入を一度受けただけで、多汗がぴったりおさまったという人もいらっしゃいます。


多汗症治療、手術の費用はどれくらいかかりますか?

 


「ABCクリニック」では、ボトックス注入法が52,500円。そして根本的な治療となる切開法が両脇で420,000円です。
ただし、現在キャンペーン実施中で、3日前までのWEB予約ですべての治療費が30%オフになります。
さらに学生さんなら学割も併用できるのでさらにお得です。


保険が適用される多汗症治療で深刻な副作用に悩んでいる人が多いと聞きました。どのような治療なんでしょうか。

 


多汗症手術では胸部交感神経を切除することで過剰な発汗を抑える方法があります。
上半身の発汗を抑えるのはいいのですが、そのかわり別の部位に温熱性の発汗があらわれます。
これがいわゆる代償性発汗と呼ばれる症状です。
胸部の交感神経を遮断すると程度の差こそあれ、必ず起こる現象ですが、その症状がひどくて手術を受けて後悔されている人がいるのも事実です。


クリニックで治療を受けても効果は人それぞれだと思います。まったく症状が改善されないということもあるんですよね?

 


とくに多汗症の方なら、ボトックス注入だけでもかなり実感されることでしょう。
たしかに効果は人それぞれですが、まったく症状が改善されないということはありませんのでご安心ください。
治療前に十分なカウンセリングによって、不安材料を取り除くことから始めます。
おかげさまで、多汗症やわきがで悩んでいた多くの方に大変喜ばれています。


「切開法」で皮下組織を取り除いた場合、他の部位が代わりに臭うということはありませんか?

 


ご安心ください。切開法は脇の下の臭いと元となるアポクリン腺やエクリン腺の毛根部分を取り除きます。
切除してもある程度わき毛が残るほどですから、大掛かりな手術でもありません。
もちろん、手術したことにより、他の部位が臭うということもありません。

 

多汗症治療についてこのクリニックなら無料メール相談可能

ワキガ・多汗症